スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いになるには kei

2008年02月15日 11:43

最近めっちゃ寒いですね!

私が住んでいるところは滅多に雪が降らないのですが、

先日ついに降ってきましたΣ('ー';

積もるまではいかないのですが、それでも雪が降るってだけで

ちょっとテンション上がります!

でも雪国には絶対に住めないケイです、こんばんは!





溜まり場である宿が動物園になってましたの図。

こうやってみると、頭装備って動物系多いんですね…。

私が持ってるのは犬・うさぎ・たぬき…ぐらいしかないので

いろいろ持ってる人が羨ましい限りです(・ω・)

でも最近金欠なので趣味装備が全然買えてません。・゜・゜(ノ□`)゜・゜・。

お金が溜まったら絶対なにか買うぞー。



さて、最近の私はですが


あんなにも疎遠していたマジを頑張っております。
ノビからマジ転職まで知り合いに手伝ってもらったのですが、
最初のスキル振りの時点でいきなり間違えちゃったので
結局自分の力でノビ→マジまで頑張りました(・ω・)!
昔の友人にSPRとFBと交互に上げていくって教えてもらってたのでつい…。
マジになってからはバッタとポポ、ウルフとFB逃げ撃ちしてました。
ときには追いつかれて潔くフェン装備したままFB詠唱とか…。
どこかマジシャンらしくない子ですね…まぁ前世がSTR槍騎士だし!;

容姿からしてわかるとおり、LV60STR騎士のハリを消してしまいました。
理由は武器不足&槍騎士前衛に私はなれないと確信したため。
知り合いの槍騎士さんに武器を貸り、一度ペア狩りをさせてもらったのですが、
ピアース等連打でSPカラカラ、AGI1なので避けれない。
などで狩りを楽しいと思えず、逆にストレスが溜まってしまったのでした;
蜃気楼のときは本当に前衛ってだけで、攻撃力云々は考えてなかったので
本番の狩りとの違いにびっくり。PTならまだしもペアじゃこりゃ無理だ、と
いうことで思い切って正反対のマジシャンになりました。


マジを作るのは一応4人目。
一人目はLV16で消し、二人目はLV60(WIZ)ほどで消し、
三人目は男サブアカのLantana。でも一年以上触ってない。
縦FWなどはあやふやですが最低限できるつもり…。
そんなわけで、ウルフだけでFW10取るまで頑張り、
その後はお久しぶりなアルギオペ様のもとへ。
軽く縦FWを練習してからはずっと土精さん通いでした。


JOB45ほどでいーってなるかなぁ、と思いましたが
そんなこともなく、楽しんでFWしてたらあっさりJOB50に。
やっぱりマジは転職しやすいんだなぁ、と納得。
収集品も気付けばたくさん。でもカードは1枚もでなかった…。


でもその後に行ったカタシムリMAPでぽろっとCが。
今年に入ってからPT込み4枚目のCです。

マジのハリは現在宿に戻ってきてごろごろ。
FB4とFW10しかとってないので、スキルPが29も余ってます。
知り合いと話し合いつつ、どんなWIZになろうかと考え中。



※この後ちょっとネガティブな話なので、大丈夫な方だけどうぞ。

宿メンバーにWIZのことを相談してみて、いろいろ考えてくれたんですが
その途中ででた話にちょっとショックを受けてへこんでます…。
マジを育てたがある人に聞いてみたんですが、
公平用だの、何回も作り直しをしただの、そういうのを耳にして
ああ、マジシャンってそういうもんなんだなぁって。
せっかくこの世界に生まれてきたのに、その理由が
公平のため。スキルを実感するため。
そういうのってちょっと悲しいです。
所詮ゲーム、っていえばそれで終わりなんですが、
やっぱり私はキャラひとりひとりが生きてるような気がするので
できるかぎり、その子を愛してあげたいと思ってます。

話はかわりますが、私は二次職に転職するまでは
できるだけ一人で頑張るようにしてます。
知り合いに頼らないで、自分自身で育ててあげた方が
もっと愛着が沸くかなぁってそれだけなんですが。

土精さんで狩りをしていたら、たくさんの保護者さんを見かけました。
それはそれでいいな、とは思うんですが、そんなに過保護に育つと
その子の将来を不安に思ったりします。
前衛は前衛らしく、後衛は後衛らしく、どんな振る舞いをすればいいか。
PTMに迷惑をかけず、自分の職に誇りをもって全うしているか。
上手く言葉にまとめられないんですが、
やっぱりそういうのって大切だと思うんです。
決して壁等が駄目だといってるわけではないです。
でも、できるかぎりそのLVに合った場所で、できるかぎり公平PTで、
その子の思い出を増やしていってほしいんです。
ソロばかりしてきた私がいえることではないんですけどね;

昔のように、とは今の世界では通用しないですが、
広い広いこの世界を、たくさんの仲間と見回ってほしいんです。

結局よくわからない話でしたが、
最後まで読んでくれてありがとうございました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lyth.blog41.fc2.com/tb.php/135-0be6852d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。