スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団LF様を観劇

2009年02月09日 20:40

劇団Lyrical Fairy様の劇を観に行ってきました。



同じ劇団として、大変興味があったのでこそこそと(・ω
劇団ネンカラスと直接の関係はありませんが、メモがてらに書いておきます。



劇団LFさんの存在を知ったのは、ヴェルダンディー鯖のいちいち集会にて。
知り合いがこの劇団に役者として参加されると聞き、行ってきました。

※個人的な感想ですので真に受けないでくださいね!※

公演された演目は「ノービスファイブ// 第3話」。
第3話ということで、1話と2話を知らない私にとっては話についていけるのかと
不安になりましたが、そこはちゃんと脚本家も考えていたようで、
劇の序盤に1話と2話のあらすじを手短に紹介していました。
他にも劇団のブログに1話と2話の小説と漫画が置いてあり、
大変わかりやすいものとなっていました。私も見習わねばなりません;
他に、諸注意も言葉だけでなく、実際に演じて観客にわかりやすくしてました。
諸注意の時間も楽しく過ごせるだなんて…!
それに本編が始まる前にも本編とは関係ない小芝居があり、
お客さんの注目を集める点でも大変考え込まれてました…。
劇本編にいたっては言う事なし。
途中、舞台上の役者が鯖キャンするなど、予期せぬことがありましたが
見事なアドリブで話を続かせていたのには感激しました(;ω;
舞台のセル1つ1つを計算して作りこまれた劇でしたね。
演出としてポタがでるとは、そんなこと考えたこともありませんでした。
BGM効果のバード・ダンサーによる演奏も素敵でした!
2時間の劇で、間に5分ほどの休憩があったのも良かったです。
映画館とちがって、PCの前に座って観るものですしね。
私は2時間ぐらいなら休憩無しでいけると思ってたのですが、
これはもうちょっと考慮すべきことかもしれませんね; 検討しなければ!
劇の話自体も見事にまとまってて、続きが気になる展開でした。
最後のお客さんによる話の分岐も素敵でした!
中の人が総勢21人で、その半分ほどが2PCを使っての公演、だったそうです。
まさに大人数だからこそできる芸当もたくさんあって、勉強になりました。
劇団ネンカラスは団員数2人だけなので、見習うことができないとこもありましたが
見に行って本当に良かったです。楽しかった!
いっそうちの劇団は少人数でどこまで演劇ができるか、ということに
挑戦してみようとも思ってます(・ω・)…。

思ったことをほぼ箇条書きの要領で書いたので、
大変見難い記事となりましたことに、お詫び申し上げます。

劇団ネンカラスですが、リアル事が落ち着いたのでぼちぼち活動開始となります。
予定としては3月下旬に2時間ほどのシリアスが公演できたらな、と。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lyth.blog41.fc2.com/tb.php/178-415f2c39
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。