スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再演終わりました

2010年04月07日 21:39

HELP!!

観客はドSだった。

ということで、無事に再演も終了いたしましたー。
さすがに一回公演したものだし、平日の夜だし、2時間の長編シリアスだし、
ほとんど人が来ないと思ってたんですが、そんなことはなかったです…。なにこれ来すぎじゃね!

早い人ですと公演30分以上前から席に座らせてる方もいらっしゃいまして、
別鯖から来られた方も一人や二人じゃなかったようです。どういうことなの。
本当に、2時間も長編シリアス演劇なんかしてすみませんでした!お疲れ様でした!

再演特有のお遊び企画、PT名の迷走も楽しんでくれたようでよかったですw
あれ、一応それぞれのキャラの中の人が考えたんですよ? ナレ役のプリは肯定せざるを得ない。
休憩時間の語り手の問いかけにいい感じに応えてくれてありがとうございました!
あの場面、本当は観客の声聞かずに話すすめるところだったんで
あんなに突っ込みがくるとは予想してませんでした…突っ込みありがとう!

以下、今回の演目「護りたいもの」の脚本についてのお話です。
ほぼネタバレになりますのでご注意下さい。

来られなかった方・もう一度見たい方用のログは、そのうちサイトに載せるつもりです。
また更新したらこのブログでもお知らせしますねー。

劇団ネンカラス初の長編シリアスとなった今回の劇ですが、
脚本自体はシリアス書くの初めてじゃなかったりします。
知っている方もおられると思いますが、Lydia鯖時代の劇団でもシリアスを書いていました。
今回は死人がいない(登場キャラでね!)のでまだマシなほうだとは思うんですよ…。

話の舞台、というか正しくは卒業後になるんですが
実際にROの世界にある冒険者アカデミーを元にしたお話でした。



およそ2年前の実装当時のアカデミーです。
今じゃこんなに人はいませんよねぇ。私もよくわからずにとりあえず新入生帽子だけもらいました。
その後、ちょっと経ってから新キャラを作りまして、
ちるちるの人のキャラも同じぐらいだったので一緒にアカデミーに通いましたー。



それがリオとナナキちゃん。
二人は実際にアカデミーを一緒に受けてた仲なんですよ。
時間が合わなくてクエ自体は別々にやって、偶然会えたときにダンジョンに突入してました。
この頃からこの二人が主人公の劇を作ってみたいと思ってたんですよね。
無事に卒業し、緑色の卒業帽子も手にはいりました。もちろんアカデミーバッジも。

その後、劇の元となる話も出来上がりました。
実際に劇となった話と違い、二人の約束は「二人で世界を見よう」というものでした…。
結局は今回のように孤児院を中心としたものに落ち着いたのですが、
当時の話は今読み返すと結構違っていてこれもまた面白いかなぁ、と思ってたり。
エピローグのヒールシーン、ナナキじゃなくリオがする、と書いてますね。謎だ。
脚本は半年以上も執筆に空きがありながらも大体二年近くかかって完成。
間に名探偵サクヤの第二話もはいったりしましたしね。
再演に向けて加筆したのも、今ではいい思い出です。
自分なりに納得できる話ができました。

メイド(笑)のチルが語る生体工学についてですが、
おそらくお察しのとおり名探偵サクヤに絡んだものとなってます。
どういうことかはまたサクヤシリーズで語るつもりです。お楽しみに!

語ることは大体語ったかな。
なにか個人的に聞きたいことがある方はなんでも。
今後の話のネタバレをしない程度に答えます。

次回は夏頃にギャグ作品を公演予定です。
どんなのに仕上がるかは私もまだわかりません。
シリアス作品もぼちぼち考えております。年内にはお披露目できればいいなー。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. kei | URL | MPkO9L9Q

    Re: お疲れ様でした

    こちらこそ、ご観劇お疲れ様でした。
    平日の夜ですから仕方ないこととは思います。
    逆にわざわざ来て頂いてたのが本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

    あなたのお言葉があったからこそ、今回の話が最後まで書けたと思ってます。
    大変勉強になりました。その意味でのお礼です。

    演劇に携わってたことがおありなのでしょうか。羨ましいです。
    私は劇を観る側しかまわったことがないので、
    舞台裏がどんなものなのか気になるんですよねー。

    創作はいいものです。自分の世界を思い通りに作れるんですから!
    私なんかの作ったもので創作意欲がわいていただけるだなんて、光栄です。
    私も負けずにこれからも頑張りますね~!

    P.S.これでも名探偵の助手ですからね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lyth.blog41.fc2.com/tb.php/262-43ca5b46
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。