スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス終了のお知らせ

2010年12月26日 15:32

劇団ネンカラス第4回公演「クロス・クリスマス」、無事に公演終了致しました!
クリスマスの夜なのに多くの方に来ていただいて本当に嬉しかったです!

10122601.jpg

以下、今回の公演のレポとか感想とか、思ったことをつれづれと書いていきます。
ネタバレ含みますんでご注意。

本当に今回の公演はあっという間でした…。
企画を立ててから公演までおよそ17日間。
その間に脚本や準備、宣伝など、自分一人で頑張ってみましたが
やはり時間が無かったというのが一番の感想です;

本番中、ROの裏でテキストを開いてコピペするんですが、
そのセリフを改めて見ていて、こんな話で公演して良かったのかと
本番中にも関わらず、かなり反省していましたorz
とくに後半の戦闘シーン、通してみるとやはり臨場感がなく、
一人でやるものではないなぁ、と感じましたね;

あとはまとめの無理矢理感が否めない。強引過ぎるオチ。
最後のサンタが出てくるところで急にエモの数が増えたので、
やっぱり観客側としてはギャグシーンのほうがいいんだろうなぁ、
と今回のシリアスの多さに反省。すみませんでした!

そして今回の独り芝居で一番きついと感じたのは
一時間半もの独り言ですねw
掛け合いもなく、たった一人でずっと発言しているので
もう本当、孤独と戦ってる気分でした。すっごく寂しい!
そんなときに観客からエモがあると、嬉しかったです。
ああ、この劇を見ていろんなことを思ってくれてるんだなぁ、って
本当に、本当に救われた気分になりました。

物語を考えるのは楽しいけれど、
なんだかしばらくは書かなくてもいいかなぁ、と
公演を終えた今、そう思っています。
私にはまだまだ力が足りず、人を満足できる物語は書けていない。
SNSでサーバーを超えた劇団コミュがある今、
きっとこれからもいろんな人がRO劇を考えて、公演してくれると思う。
だからしばらくは、その方々の作品を見て勉強しようかなって。
もちろん、リアルでの本もいろんな話を読んでいきたいですね。
来年から社会人に向けて忙しくなっていくので、
時間が無い中でも、自分を磨けるように頑張っていきたいと思います。

10122602.jpg

見事なまでに劇中のSSがありませんでした…。
ずっとコピペ&顔の方向や位置変更&CCなど、余裕が無かったんですorz
真っ赤な服は公演一時間前に慌てて用意したんですが、
あって良かったですね…。やっぱりクリスマスなんだからサンタ姿じゃないと!

あ、ちなみにプレゼントBOXで人気投票も兼ねていたんですが、結果は

 ケミ:12個 騎士:5個 プリ:6個 うさぎ:9個 サンタ:5個 イトちゃん:10個

ということで、ケミが一番となりました!
私の予想としては騎士かプリが人気かな、と思ってたんですが全然でしたね…。
私と世間の認識はズレがあるらしい…。
そんなわけで一番人気があったケミで記念撮影。

10122603.jpg

ありがとうございました!!

本当はクリスマスツリーの前のサンタポリンの地面のとこで
撮影しようかな、と思ってたんですが、いつのまにやらみんなここに並んでた…。
相変わらずのアドリブぐだぐだで申し訳なかったです(ノω`;)

次に、脚本および話の内容に関して。
とにかくクリスマス公演ということで、サンタの話にしよう! と意気込んで書きました。
が、なんか途中から(最初からか!)えらく脱線してましたね…!!
でも、「サンタに夢見る女の子」と「泥棒に間違われる人(正しくはちょっと違う)」は
原案のときからあった役です。クロス・クリスマスは全員が主人公のように書きましたが
一般的な主人公はこの女の子になるんでしょうね。
本当は純粋な女の子のままだったはずが、物語の途中であんなことに…何故だorz
泥棒の子はとにかくリア充を目指して書きましたw あとギャグ担当。
最後まで職を隠すためにクローキングをしたり、サンタ姿になったり、
いろいろと考えてはいたんですが…結局そこまでパッとしない子になった!
でも明るくて可愛い子ですよね。セリフものりのりで書いてましたw
聖職者(教会の人)は、今回の役柄の中でも一番ユーザーに近いものにしました。
ちょっと男言葉を使ってるのもそのあたりを重視して。
容姿としては一番気に入ってましたねー。キャプテンハットかっこいい!
臨時云々のトラウマ話は、私は直接経験したことがないのでほぼ捏造です。
本当にトラウマを負った方々からすれば、私は殴られても仕方ないものになってます…。
そしてルナたん(公演後にこれ聞いて吹いた)は一度やってみたかった役。
モンスター役をあえてキャラでするのって勇気がいりますが、やってよかったです。
急に倒れるシーン、もっと驚かれるんじゃないかと思ってたんですが
そんなことも無かったですね…。むしろポカーン…だったのか、そうか。
一人だけバッドエンドじゃないか、という話もありましたが、
あれはあれでそれぞれの解釈ができる終わり方だったんじゃないかと思います。
サンタ役の子はもうオチ担当で。このシーン、一番エモが多かった気がw
諸注意役のイトちゃんは、公演前から舞台に立っていたせいか
常連さんから「またコンサートですよね!」と言われてました。バレバレじゃねえか。

あとは脚本が流出してるんじゃないか?! と思われるぐらい
いろんなことを公演前から当てられてたことですかね…内心どきどきでした。
イトちゃんのコンサート然り、ポリンにモノを食べさせる、枝を折る、血枝…など。
あえて王道ストーリーから離れたものにしたつもりが、
一般的にはこれが王道なのかもしれませんね…!!

気付けば長く語ってしまってました…。
これまでずっと一人で抱えてたんだってことで、許してやってください。

ということで、劇団ネンカラスは再び無期限休止となります。
もうこのまま自然消滅しそうな雰囲気があるんですが、とりあえずは休止で。

最後に、本当にありがとうございました!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lyth.blog41.fc2.com/tb.php/299-2671296a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。